トップへ
ホーム  >  お知らせ  >  むらづくりアドバイザー派遣のお知らせです

お知らせ

むらづくりアドバイザー派遣のお知らせです

最終更新日[2017年8月3日]

 

県では「むらづくりアドバイザー派遣事業」を実施しています。

この事業は、農山漁村地域の活力を高める多彩な活動を支援するため、専門的・実践的な知識と経験を有する

「むらづくりアドバイザー」に派遣を依頼し、意欲的に取り組む地域の活動を支援する事業です。

詳しくは下記のとおりです。ぜひ御活用ください。

※予算の執行状況によっては早期に募集を終了する場合がありますので、御活用を検討される方は早めにご連絡ください。また、県外から講師派遣を希望される場合はご相談ください。

 

1 目的

活力ある農山漁村の実現を目指して、様々なむらづくり活動を行なう県内の組織等に対して、

専門的・実践的な知識と経験を持ち、必要な助言及び指導を行うことの出来る方を「むらづくりアドバイザー」

として派遣し、地域の主体的な活動を支援します。

 

2 派遣対象組織

農山漁村地域におけるむらづくりに意欲的であり、アドバイザーを受け入れる体制が整っている任意の活動組織、NPO法人、各種団体、市町村等とします。ただし、以下の条件をすべて満たすものとします。

・宗教活動や政治活動を目的とした団体でないこと。

・特定の公職者(候補者を含む。)又は政党を推薦、支持、反対することを

 目的とした団体でないこと。

・暴力団体又は暴力団の統制下にある団体でないこと。 

 

3 派遣対象分野

派遣の対象となる分野は、次の13分野とします。

(1)  むらづくり全般について(2)集落ビジョン作成

(3)景観・農地・環境の保全(4)鳥獣害対策

(5)特産品開発・6次産業化(6)販売・マーケティング

(7)都市農村交流(8)暮らし(9)移住・定住促進

(10)食・健康(11)歴史・文化の継承

(12)情報発信(13)土地改良施設等の維持保全及び利活用

 

4 派遣方法

(1)アドバイザーの派遣を希望する受入組織は、原則として派遣日の2週間前までにアドバイザー派遣依頼書   

  (様式第1号)を、むらづくり課長に提出してください。

   ※年度内において、1団体当たり1回までの申請とします。

 

(2)むらづくり課長は、目的等を審査し、適正と認められる場合は、予算の範囲内でアドバイザーの派遣を

  承認し、その旨を受入組織に通知するとともに、アドバイザーの派遣を行います。

(3)受入組織は、派遣実施後速やかにアドバイザー派遣成果報告書

  (様式第2号)をむらづくり課長へ提出してください。

 

5 経費の負担

・派遣に要する経費のうち、原則としてアドバイザーに対する謝礼及び旅費は、むらづくり課が負担します。

 (謝礼及び旅費の単価は県の規定によります)

・会場設営・運営など派遣先で必要となる受入組織が負担することとなります。

・なお、謝礼は2万円を上限とした所要額を支給します。

 

6 その他

この他、アドバイザーの選定や県と受入組織の役割等については、添付ファイル「アドバイザー派遣要領」を

参照してください。

 

7 お問い合わせ・お申込み

申し込み方法:「むらづくりアドバイザー派遣依頼書」に記入のうえ、

       FAXまたはEメールでお申込みください。

問い合わせ先:熊本県農林水産部農村振興局むらづくり課 

    担当:鎌ヶ迫(かまがさこ)、川上

   Tel:096-333-2415 

   Fax:096-385-5025

 

 

 

 

 



 




 

 

 

 




 

 

新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。