トップへ
ホーム  >  イベントカレンダー  >  <第2回>【座学】ローカルでの取り組みの必要性と重要性を具体例を通して学ぶ

イベントカレンダー

<第2回>【座学】ローカルでの取り組みの必要性と重要性を具体例を通して学ぶ

最終更新日[2019年9月9日]

〔日程〕 2019年10月22日

 

<第2回>【座学】ローカルでの取り組みの必要性と重要性を具体例を通して学ぶ

人材育成塾 チラシ画像

人材育成塾第2回目は、地元での取り組みの必要性や重要性に関する公開講座です。
受講は無料です。
ご興味のある方は、チラシをご確認いただき、事前申し込みをお願いします。
また、定員30名に達した時点で締め切りますのでご了承ください。
 
 
【1.日程】
 令和元年(2019年)10月22日(火曜日)
 
【2.場所】
 ホテル熊本テルサ・1Fテルサルーム
 
【3.講演テーマ】
 ローカルでの取り組みの必要性と重要性を具体例を通して学ぶ
 
【4.講演内容】
 スケジュール 講演内容 講師
 ①13時20分~13時30分 開会・オリエンテーション  
 ②13時30分~14時30分 「SDGsを通して自ら行動する
 持続可能な街づくり
 眞鍋 和博
 ③14時30分~14時50分 質疑応答+グループディスカッション  
 ④15時00分~16時00分 「ローカルに根ざしたビジネスの創造と
 立ち上げの手法」
 眞鍋 邦大
 ⑤16時00分~16時20分 質疑応答+グループディスカッション 
 ⑥16時30分~17時00分 グループワーク「自己紹介を通して
 むらづくりの仲間を見つけるWS」
 

 

【5.定員】
 30名
 
【6.申込み方法】
 各開催日10日前までに、下記FAX・メール・HP申込みフォームから、
 必要事項を記入の上、お申込
 FAX:092-739-6081
 MAIL:imai@idea-p.co.jp
 ※HP申込みフォームが便利です。
  FAX・メールの方は、下記の必要事項を任意の様式でご記入ください。
 
【7.受講条件】
 熊本県内在住で、農村地域においてむらづくり活動を支援・実践している
 (予定を含む)個人、市町村職員、NPO職員、自治組織及び任意団体の
 構成要員等であること。
 
【8.必要事項】
 氏名・年齢・性別・お住まいの市町村名・電話番号・E-mail・所属・現在の活動内容・
 本講座を通して学びたい事・受講を希望する講座
 
【9.お問い合わせ先】
 事務局:イデアパートナーズ株式会社    TEL:092‐739-6080(担当:宮路・今井)
 熊本県立農業大学校 研修部        TEL:096‐248-6600(担当:今山)
 熊本県農林水産部農村振興局 むらづくり課 TEL:096‐333-2415(担当:片山)

 

熊本むらづくり人材育成塾とは?

 熊本県では、中山間地の農山漁村集落において、地域の活力を高めるむらづくり活動を展開するために、地域資源を活かしたむらづくりを企画・実践し、「稼げる農山漁村」を実現できる人材の育成や
むらづくりの現場における課題に関する情報提供や情報収集を行っています。
 
「熊本むらづくり人材育成塾」は、県内の意欲ある農業者や、農山漁村地域における多彩なむらづくり活動を展開する方々を対象に、講座を実施する取り組みになります。 


新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。